読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏の設計書

プログラム開発、データ分析からロボット作りまでものづくり全般を思うがままに書き連ねたブログ。

分析コンテスト、スタートでつまずいた教訓

さてさて、新年度ということで以下の分析コンテストに参加して、一回目の解析結果投稿をしてみました。

deepanalytics.jp

そして投稿してみてびっくり。一発目の投稿はbenchmarkよりちょっと良いぐらいで、ほぼ最下位グループではありませんか。

ここのベンチマークは乱数というか値固定というか、いわば「解析せずにえいやで数値だすとこのぐらいのスコアだよ」っていう感じ基準(過去の傾向を見た感じの憶測です)なので、自分の結果もその程度だということです。

それにランキング全体をみると、どうも上位と下位で明確にスコア差があります。0.4以下グループと0.8以上グループみたいな。

あ、これは分析精度うんぬんの前に、そもそも答えのフォーマットというか求められている数値になってないなと。特に今回のコンペの場合、学習データは故障の有無なのに対して、出すべき答えは故障確率なので、そのへんで誤ってそうです。

 

ということで、問題定義や結果の出し方でいきなり間違ったので戒めがてら記録しておきました。さて、どこまでスコア伸ばせるかなぁ。。。

 

ーーー