チラシの裏の設計書

プログラム開発、データ分析からロボット作りまでものづくり全般を思うがままに書き連ねたブログ。

「悪いヤツほど出世する」を流し読んだ

今回は「悪いヤツほど出世する」という本の流し読み日記です。

原書は「Leadership BS: Fixing Workplaces and Careers One Truth at a Time」というタイトルなので、直訳すると「リーダーシップの戯言」みたいな感じです。

 

nikkeibook.nikkeibp.co.jp

リーダーシップに関する迷信や誤解について提言しているような内容です。

 

概要

本書は一般によく語られる「理想的なリーダー」像について、現実に成功しているリーダーの事例と比較しつつ、そのおかしな点を洗い出していくような内容です。

謙虚で、誠実で、思いやりがあるというような資質が、リーダーとして成功するために本当に必要なのか、なぜそのような理想的な像ができているのか、を様々な観点で説明しています。

では例のごとく気になったところをピックアップ。

 

ピックアップ

リーダーシップビジネスの問題

まず最初に「リーダーの育成をする」というセミナーや産業が活発になっているが、それに反して全然成果が上がっていない、という点から出発する。

色々と問題点の指摘は書かれているが、「リーダーシップ産業(例えばセミナー)はその場にきているリーダーを感動・感心されることが目的になっている(本来はリーダーがその後どう行動変化したかだが計測できない)」という点はなるほどなと思った。

(あれですね、セミナーでわかった気になる現象ですね。はい。・・・。)

そのため、その場のリーダーは満足して高評価を付けるような感銘を受けるエピソードなど蔓延ってしまっていると。そのエピソードと実際に成功を収めているリーダーは違ってないですか?本当にそれで良いリーダーになれますか?という問題提起がされます。

 

オーセンティック・リーダーシップ

オーセンティック・リーダーシップやサーヴァント・リーダーシップについても書かれています。これらのリーダーシップ論は「リーダーは謙虚さ誠実さを持って部下を支えたり導いたりする」というもの。

(サーヴァント・リーダーシップについてはちょうど前回紹介した HowGoogleWorksでも出てきました。書籍概要は流し読み日記をどうぞ。露骨な宣伝。)

これらについて否定しているわけではない(と読み取った)が、実際に成功に導くリーダーは時として嘘をついたり謙虚とは真逆のことをしたりする必要もあり、「理想」と「現実」について細かく語られています。

 

自身を守ること

リーダーに対してだけでなく、部下的な立場の人に対するアドバイスもあり、例えば「理想的なリーダーが常に自分を助けてくれる」と信じるのではなく、現実を見ながら自身を守る必要についても書かれている。

 

不一致の解消

最後にまとめとして、現在リーダーシップに関する理想と現実でどのような不一致が起きていて、組織にどう向き合うと良いかがまとめられている。

・「こうあるべきだ」(規範)と「こうである」(事実)を混同しない

・普遍的なアドバイスを求めない

・白か黒かで考えない

・多くの人が求めるもの(情報など)と必要なものの不一致

・リーダーシップの多元的な性質と人々が求めるリーダー像の不一致

などがピックアップされている。

 

まとめ

リーダーシップに関する「理想と現実」を様々な事例を元に書かれており、リーダー的な人だけでなく組織に属する様々な人に参考になりそうだと思った。

 

--

 

「How Google Works」を流し読んだ

今回は「How Google Works」の流し読みです。

nikkeibook.nikkeibp.co.jp

Googleのビジネスに関する考え方や実際の事例を紹介する本。ITの最先端企業として誰もが知っている会社がどんなことを重視してビジネスを展開しているのか知れる本。

特に技術系の会社のマネジメント層な方は一つの考え方として参考になるかも。逆に参考にならなそうなところも。(後述)

 

概要

Googleのトップ層の方々が書いている本で、実際の事例や社内での取り組みなども紹介されているため読み物としても面白い。

目次としては

と章に分かれておりそれぞれ濃い内容ですが、今回は「どんな人を採用して」→「どんな文化を作って」→「どのような戦略で新しいビジネスを作るのか」の流れで、例のごとく気になったポイントをピックアップしていきます。

 

ピックアップ

Googleの人材

スマートクリエイティブ

Googleが求める人材として「スマートクリエイティブ」というワードが出てくる。スマートクリエイティブは一言でいうと、「専門知識・技術的に優れいるだけでなく人をひきつけ、実行力に優れ、プロトタイプを作れる人間」といういわばスーパーマンな人。そんな人多くいるの?と思いますが、そういった人を獲得し自社に定着させるために採用や文化・労働環境を妥協しないということだそうな。

妥協なき採用

スマートクリエイティブを獲得するための採用基準なども紹介されていて面白い。

・LAXテスト(LAX=ロサンゼルス空港)

 数時間足止めをくらったとして、その人と一緒にいたいと思うかどうか

・ラーニングアニマル

 学習し続ける資質があるかどうか

など、聞いたことがある(人もいるかも)用語も登場するが、まとめると以下の4つを採用時の基準としているそう。

  • 全般的な認知能力
  • 職務関連の知識
  • リーダーシップの経験
  • グーグラーらしさ(野心的、チーム・サービス重視、独創性、誠実さ など)

そして、「経営者にとって一番重要な仕事は採用」「採用の質を犠牲にしてまで埋めるポストはない」という精神で「自分より優秀な人間」を獲得するよう注力しているそう。

すごい。

文化

20%ルール

高度な人材を定着させるための文化についても事例を含め、書かれている。

特によく知られた「20%ルール」やそこから生まれたプロダクトのストーリーなどもあり興味深い。20%ルールは、割と間違って解釈されたり、真似したものの機能しないので中止した企業なども多々あるが実際にはどんなものだったのかを知れる。

なお本書の中でもユーモアを交えて「20%ルールというか実際は120%になってる」みたいなことも書かれており、社員が自発的に本業以外のやりたいとおもえる土壌づくりが大切なようです。

ビジネス

技術先行の思想

ビジネス面での話も色々と紹介されているが、重要なのが「技術的な優位性」をかなり重視しているということ。

よく「技術だけでは意味がなくてビジネスにつながってこそ・・・」というような論調もあるが、グーグルは真逆でなにか技術的に突き抜けたものこそが必要と考えていて、それがなかったプロダクトは失敗しているとのこと。

オープンなマインド

ビジネスにおいても社内の情報においても、オープンにすることを前提として設計しているそう。

アップルと比較(AndroidiOSとかビジネス的な面とか)する話もあり面白い。

 

感想とまとめ

スマートクリエイティブと呼ばれる高度な人材をいかにひきつけ、裁量を与え、イノベーションを作り出しやすい環境を作るかというGoogleのマネージメントに対する考えがわかる良い本だった。

ただ、容易に真似できるものではないし、下手に一部だけ真似るとかすると危ない面もあるなと思った。起業家として生きても十分成果を出せるレベルの人を更にスケール大きくするためのマネージメントというイメージ。

いきなりこういった文化を形だけまねるのではなく一つの見本として、文化定着具合や人材のレベルアップの状況に応じて取り入れていく必要がありそうです。

 

「Team Geek」を音声読み上げ使って読んだ

本日の流し読み日記です。今回は流し聞きもしてみました。

読みかけて積んでいたチーム作りに関する本です。

 

www.oreilly.co.jp

概要

ギーク(エンジニア)が活躍するチーム作りのノウハウをHRT(謙虚・尊敬・信頼)という3つの要素を中心に解説した本。

「エンジニアリングは簡単だ。人間は難しい。」

「人間は断続的なバグの大きな塊だ」

というような言葉から始まり、いかに不確定要素盛りだくさんな人間をまとめて成果を上げていくのかということをまとめている。

 

ピックアップ

コロナ騒動な今の状況に関係しそうなものも含めていくつかピックアップ。

コミュニケーションツール

チーム文化に関する章の中にコミュニケーションに関する部分があります。

エンジニアはコミュニケーションを重視しないことが多いが、そんな中Googleではどのようなコミュニケーションや情報共有を設計しているのかが書かれている。

効率的なミーティング

 ・一人ずつ時間をかけて報告するようなものはNG

 ・新しいものを検討するときは5人以上参加させない

 ・会議のない日や時間帯を確保

 ・アジェンダを事前に配布

日常的な議論

 上記のミーティングは必要な人で短く、というようなイメージだが、議論は活発にするためにツール等をうまく使うというイメージ。

 ・「メーリングリストを使わずにソフトウェアを書ける人を知らない」とのこと

 ・オンラインチャット

 ・課題管理ツールを使う

 ・コードレビュー(については「作者名を書くか問題」などいろいろなトピックあり)

それぞれどのように使うべきかという細かい紹介がされている。

地理的障害のあるチーム

ここがちょうど今の世の中と関連しそう。分散チームだったりリモートでの働き方について。

 ・決定事項を文章化してブロードキャストする

 ・チャット内容も再投稿して、他のメンバーに意思決定の流れを見せる

 ・ビデオチャットなどを利用

で、意外だったのが「フェイスツーフェイスの帯域を過小評価してはいけない」とあり、Googleほどグローバルでリモートワーク(WFH)が普通に行われている会社でも定期的に対面で会話することなどの重要性を強調していた。

 

ギークチームのマネージャー

「エンジニアはリーダーになりたがらない」「キャリアのどこかでリーダーの立場になってしまうときがある」というようなエンジニアの本音から始まる、「なんとなくリーダーになってしまったエンジニア」のための章がある。(第3章)

 HRTの原則を使っていかにアンチパターンを避けてパフォーマンスを上げるかといったもの。

(ちょっといつもより書きすぎてるのでサラッと)

サーバントリーダー 

 ・引っ張っていくリーダー像ではなく、HRTの雰囲気を作り、エンジニアに対応できない社内政治的な部分の障害を排除、合意形成の支援などに注力

 ・技術的な側面とチームの人間関係を管理しないといけないのがつらいとこ(人間のほうが難しい!)・・・だそうです

アンチパターン

 ・パフォーマンスの低い人を無視する

 ・チームを子どもとして扱う

 ・みんなの友達になる

などなどアンチパターンと対処がのっている。

いわゆるトップダウンなリーダーとは異なる像なので、なんとなくリーダーになった方はぜひ参考にどうぞ。

 

音声読み上げ

タイトルに音声読み上げと書きましたが、今回音声読み上げソフトに読ませて見るとどんな感じかなーと思い、以下を試してみました。

SofTalk

Balabolka

上は、いわゆるゆっくりボイス、下はまた違った音源です。

ゆっくりボイスは流石に頭に入ってこないなーという印象でしたが、Balabolkaの方は意外と自然な読み方になっていて、案外良かったです。

ただ、ながら作業では流石に頭には入りません、ただ文章を読むのと文章を見つつも音声が流れてるのでは結構負荷が違うなと思いました。(「新聞読む」のと「ニュース見る」のぐらいの差。)

 

ということで、本の内容+フリーソフト紹介でした。。。

--

 

 

「革命のファンファーレ」読んだ

読書日記です。

少し今までの読書日記と毛色が変わって、キングコング西野さんの「革命のファンファーレ」です。

堅苦しくない文章で、現代の広告・宣伝やビジネスについて語っているものになってます。最近のビジネスについて知りたい人にも良いと思いますし、あまりITに馴染みのない人がクラウドファンディングや信用をベースにした考えなどを知るきっかけにも良いかと。

www.gentosha.co.jp

 

概要

内容としては絵本「えんとつ町のプペル」作り・宣伝し・大ヒットするに至った戦略や考え方を語ったものが中心。クラウドファンディングや無料公開など、色々と世の中の批判もあった事柄をどういう考えで行ったのかを語っている。

ただ絵本づくりだけにフォーカスしているわけではなく、これからのビジネスのあり方について語ったもので、特にITベンチャー的な思考と親和性が良さそう。

いくつかポイントを紹介。

 

ピックアップ

「お金よりも信用」の実感

個人の信用が大事、モノよりコト的なことはここ数年で言われていることではあるが、それらをきちんと理解し、行動原理を決めたりビジネスを設計している例としてとても参考になりそう。

「嘘をつかなくて良い環境を作る」ということであったり、「信用とお金を変換する1手段としてのクラウドファンディング」であったり。

特にIT系はこのあたりへの変化は速くないといけない業界で、個人のスキルや信用をどう設計していくかは業界人として考えさせられる。

 

宣伝とマネタイズ

「マネタイズするタイミング」を考えるということや戦略を練った上での「無料公開」の話など、宣伝やマネタイズの戦略をどう考えているかが端々に書かれている。

ただ一部無料化するだけのフリーミアムモデルや単にSNSに載せるだけの無料公開では宣伝としての効果は薄く、いかにマネタイズや認知獲得までの導線を設計するかというところの話はすべてのビジネスに通じそう。

「お金を出すきっかけづくり」や「自分の時間を使わない宣伝」などもためになる話。

 

ということで、文章としてはライトに読める本なのですが、特にこれからビジネスを作っていく意識がある人は読んでみるとよいかと。

逆にあまりにビジネスやIT(SNSとか)に興味がない人の場合は胡散臭いと見えてしまっても仕方ないかも。(本書がというかビジネス書全般そうかも。)

 

-- 

 

「行動分析学マネジメント」を流し読んだ

お次は「行動分析学マネジメント」です。

読書メーターからペタ。

bookmeter.com

なにかの本を読んでるときに「行動分析学」という単語が出てきたので読みました。

 

概要

人が何を基準に行動の習慣ができて、それを組織やマネジメントに活かすためにどうすればいいのかということを言語化している本。難しいことが書かれているわけではなく、なんとなくあるなぁという事象を学術的な観点から整理している。

文章自体は架空の会社の物語になっているため、学術書ではなく物語としてさくっとよめるので概要を掴むのに良さそう。

全16章の構成になっていて、それぞれにテーマがあるイメージです。

https://www.nikkeibook.com/item-detail/49021

↑目次あり

序盤は、個人の行動を見て改善していくというもの、中盤から終盤は徐々に範囲を広げてチームのパフォーマンスや組織の活性化などに移っていく。

 

気になったとこピックアップ

好子・嫌子・強化・弱化

行動の直前の出来事と結果により行動が強化されたり弱くなったり消去されたり、ということを解説。

特に行動を変えるためには行動から60秒以内にフィードバックを与えられる必要があり、つまり昇給や自己実現などは直接行動に与える影響は少ない、というのはなるほどなと。

 

シェイピング

組織の強化のためのメソッド。

「組織全体をレベルアップするためには仕事のフローを洗い出して、それぞれのメンバーが今どのステップにいてどこが得意かを全員で理解、相互の情報交換を・・・」と書いてみれば特殊なことはないのですが、では実際できている組織がどれだけあるかと考えると胸が痛い。

 

表彰制度・トーク

制度の仕組みについても実用的な話があった。

改善提案を募集→一律で報酬・社内報に掲載、みたいなことをしている会社は多いとお思われるがそこでのマンネリ化改善のための確率操作の話だったり、表彰制度にうまく社員全体を巻き込むためにトークンを使ったりといった話。

トークンは仮想通貨でいうトークンのようないわばそこでだけ使えるポイントのようなもの。通常表彰制度というと年に1回などになるのであまり行動定着には寄与しないのをトークンをうまく使う、、、というような例。

最近だとこの手のピアボーナスもデジタル化もされてますね。

 

 

という感じでうまく日常の行動原理が言語化されていて、さらっと読める本なのでよいかと。ただ物語がどうも大成功例ばかりすぎてちょっと胡散臭く感じてしまうというのはあったかなと。

 

--

 

年始なので「やる気が上がる8つのスイッチ」も流し読んだ

年始に読んだもう一冊。「やる気が上がる8つのスイッチ」です。

bookmeter.com

前回の流し読み記事中のDaiGoさんの動画に出てきたもう一冊です。

こちらもササッと読める量だったので気になったところをピックアップしていきますが、1枚絵に残しておきたいなぁという内容もあったのでいつもより頑張ってまとめてみます。

 

概要

自身や他者のやる気を維持する方法として絶対的な1つのやり方はないとし、3つの軸からタイプ分けや対処法を考えるというもの。

それぞれの軸やタイプ分けごとに特徴や対策をまとめているという構成になっています。

 

1枚絵でまとめてみる

あまり詳細にまとめすぎるのもよくないので、(実際の本では書かれている)心理学的な内容は省略して、紹介されているタイプ分けをざっくりと1枚絵にまとめてみます。

(書籍内では図はないためむしろ自分用にこれが書きたかった。)

まず、3つの軸は

 証明or成長・・・実力を証明したいというタイプなのか、成長することが目的というタイプなのか

  • フォーカス

 獲得or回避・・・リスクをとって最大を取りに行くのか、減点をなくしたいタイプなのか

  • 自信

 ありor不安定・・・スキルに対する自信の有無

 

と解説されており、その組み合わせで8タイプに分けて解説しています。

3軸8タイプと目指す方向をまとめると多分こう!

f:id:stkdev:20200103075631p:plain

オレンジが良い状態、黒いところが壊滅的な状態、灰色が問題ありな状態だそう。

 

マインドセットは成長を重視するように変えていくことが必要なのに対して、フォーカス(リスクをとるか減点をなくすか)は良し悪しはなく、人によってどちらを目指すのでも良いといったことや、その人のマインドセットやフォーカス状況によって、褒めることが悪い方向に作用することもある、、、などなどそれぞれの状態ごとにどう対処していくのが良いのかというのをまとめているのが本書になります。

 

また、自分だけでなく他人のやる気を出すためにどう接するかというところも合わせてかかれており、困ったときにぱぱっと読み返すのに良さそうです。

 

--

 

年始なので「やり抜く人の9つの習慣」を流し読んだ

あけましておめでとうございます。

今年も流し読みブログを続けていこうと思います。(いつの間に流し読みがメインコンテンツになってしまったのか。)

 

2020年一発目は「やり抜く人の9つの習慣」です。読書メーターのページを貼ってみよう。

bookmeter.com

 

あと、DaiGoさんが読むといいよって言ってた。www.youtube.com

 

概要

全8章でサクッと読めます。

良い目標の立て方やどんなところが人間の継続的な活動を阻害するのかと言った部分を解説している本。人の心理の研究を元にしているため、自分自身の目標達成だけでなく、人への接し方や指導にも参考になりそう。

各章シンプルにまとめられているが、各章の終わりにまとめページもあるので、思い返す際にも親切。

 

気になったところピックアップ

章立てはこんな感じ

・目標に具体性を与える

・目標達成への行動計画をつくる

・目標までの距離を意識する

・現実的な楽観主義者になる

・「成長すること」に集中する

・「やり抜く力」を持つ

・筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

・自分を追い込まない

・「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する

 

詳しいレビューは他サイトさんに任せるとして、気になったところピックアップ

if-thenプランニング

Xが起きたらYする、という行動パターンを決めておくと継続に効果あり。

ただし、否定的なif-thenプラン(例:ショッピングモールに行って、買い物がしたいと思っても、私は何も買わない)は逆効果になるので、「〜しない」は「〜する」に変える。

 

フィードバックは適切に

目標との距離を明確にして、向上していることがモチベーションを保つのでフィードバックが得られるようにすることが大事。

ただし、(例えば何かを指導するとき)上級者に対しては頻繁なフィードバックが良いのに対して初心者は頻繁にしないほうが良い、という研究結果も。

また、「これから」を意識するフィードバックと「これまで」を意識するフィードバックでは効果が逆になる諸刃の剣なので注意。

すでに48%終わったよ・・・モチベーション下がる

あと52%残ってるよ・・・モチベーション上がる

 

引き寄せの法則の落とし穴

「とにかくポジティブに成功をイメージする」ということがよく言われる引き寄せの法則は危険な点を孕んでいる。

目標が達成できると信じるのは大切だが、目標は簡単に達成できると考えてはいけない。自分はできるだろうという態度ではよくない。

 

といったように短い本ながら、冗長なエピソード等がなくTipsが詰まっています。

能力の証明ではなく成長に重きを置く「成長ゴール」や「意志力」は有限である話などまだまだTipsがあるので、サクッと読める1冊をぜひどうぞー。

 

--