読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏の設計書

プログラム開発、データ分析からロボット作りまでものづくり全般を思うがままに書き連ねたブログ。

fastTextがすごそう ~とりあえず足し算もしてみた編~

これの続きです。 stkdev.hatenablog.com …が、まだきれいにまとまってないので、とりあえず遊び中のメモです。 前回の記事では1つの単語に対して類似の単語を見つけてきたわけですが、単語の足し算・引き算もできるようにして、やってみました。 いい感じに…

fastTextがすごそう ~とりあえず使ってみた編~

Facebookから公開されたfastTextというライブラリがすごそうなので使ってみようと思います。 github.com このライブラリは大量の文章を読み込んで、単語をベクトル表現できるようにするものです。 そうすることで、似ている単語や単語同士の関連性などを知る…

Coursera Machine Learning 完走!

3月から頑張っていたCoursera Machine Learningのカリキュラム全部終わりました。 www.coursera.org とりあえずこんな感じでした。 ○始める前 「え?3ヶ月のカリキュラム?基礎知識はあるし1ヶ月で終わらしてやんよ」 ○途中 「あ、ちょっと、これは、・・…

Coursera MLの6,7週目ともろもろ

Coursera Machine Learningの6,7週目が終わりました。 SVMの話や教師なし学習としてk-meansやPCAの話がありました。 今までに比べるとサラッと解説するような感じで、とっつきやすい内容でした。(中身もだいたい知っている内容だったこともある。) SVMはマ…

Coursera Machine Learning 4,5週目日記

引き続き頑張り中のCoursera Machine Learning。4,5週目はニューラルネットワークの話です。 www.coursera.org 入力から結果を計算するフォワードプロパゲーションと、結果から重みを更新するバックプロパゲーションの解説。 プログラム課題の難易度が前回よ…

分析コンテスト、スタートでつまずいた教訓

さてさて、新年度ということで以下の分析コンテストに参加して、一回目の解析結果投稿をしてみました。 deepanalytics.jp そして投稿してみてびっくり。一発目の投稿はbenchmarkよりちょっと良いぐらいで、ほぼ最下位グループではありませんか。 ここのベン…

csvをsqliteにポイっと入れるスクリプト

IT

Gistから貼り付ける実験を兼ねて。。。 Gistに2ファイル投稿したものを貼り付けたらどうなるのっと。 データ分析コンペなどで、たくさんのcsvを受け取ってまずは結合したり抽出したりコネコネしたいときにDB(というかSQLでの処理)が使いたくなります。 と…

Coursera Machine Learning 3週目日記

忘れないうちに。Coursera MLの3週目終わりました。 感想の概要:完全に理解するには自分でプログラム組んでみないとだめかも。 3週目はロジスティック回帰についてでした。 ロジスティック回帰の損失関数がどんなことを意味しているか、という解説がわか…

データ分析関連のお勉強コンテンツ

courseraの機械学習講義についての日記を何度か書いていますが、courseraのようなMOOCと呼ばれるものをはじめ、社会人や学生が新たなスキルを身につけることを支援するサービスが最近どんどん出てきています。 自分もいくつか受講したり、どんなものがあるか…

Coursera Machine Learning 2週目を終えて

自分用メモ書きです。引き続きMLコースを頑張っています。 当初は半分ぐらいまで進んだら日記を書こうと思っていたのですが、思った以上に濃い内容だったため自分の復習がてら内容と感想をできるだけ1週ごとに書いていこうかなと思います。 www.coursera.or…

CentOSにHadoopメモ

いろんなところにメモブログやメモwikiを作りすぎてアウトプット先が分散してしまっているので徐々にここのブログに集めていきます。 過去にCentOS7にHadoop(1系)をセットアップしたときの個人用メモなので、古かったり間違ってたりするかもしれませんが、…

CourseraのMachine Learningコースをがんばる

Qiitaを眺めているとCourseraというところで開講されているMachineLearingの講義が素晴らしいという記事が注目されていたので、その講義について調べてみました。 www.coursera.org これはいわゆるMOOCとも呼ばれる大規模公開オンライン講義形式で行われてい…

レガシーな人間のCSS関連メモ "rem"と"vh"

IT

久しぶりにWebページ作成をすると、いろいろと時代に置いていかれているところがあって刺激になります。 ほんと進歩の速い分野です。 フロント系の方々にとっては常識かもしれませんが、とりあえずメモ。 "rem"という単位が導入されてた ルートのfont-sizeを…

R言語のifelseを条件演算子的に使うときは注意

偉そうにR言語の入門記事を投稿したその日にやってしまったミスを紹介。 qiita.com R言語でifelse()という関数があります。 ifelse(条件,真の時,偽の時) のような書き方をすることで条件に沿った方が戻り値として得られるというもので、ほかの言語でいう条件…

Shinyアプリを配布できるようにするよ

既出情報ではあるんですが、日本語情報があまりないので英語拒絶症の人(主に自分)のためにまとめておきます。 ☆やりたいこと R言語のWebアプリが作れるフレームワークShinyで作ったアプリをR言語環境がない人に配布したい。 ☆やること 配布可能なR環境の「…

Gistでフラグ立てられた話

IT

検索しても似た事例がすくなったので、情報として書き残しておきます。 Gistを利用していると というように、「おまえのアカウントにフラグ立てたから!」とメッセージが出てきてしまいました。 もとに戻したかったらサポートに連絡してねとのこと。 投稿が…

ハトでもわかる単純パーセプトロン

またずいぶん久しぶりの日記になってしまいました。 あちこちに散らばってしまった情報発信源をちゃんとまとめて更新していこうと決めた2017年ですが、去年も同じ決意をしてた気がします。うん、来年から頑張ろう。 社内勉強会用に作った資料をSlideShareに…

PHSのSMS認証問題まとめ

IT

microsoftのアカウントやツイッターのアプリ登録などでSMSを使った認証が多々あります。 PHSだと認証ができない問題があったため、現状をまとめておきます。 問題: SMSによる認証で、PHSの番号を入れてもエラーになり送信できない、 もしくは送信されたよう…

昔のブログ振り返り

過去に使っていたブログサービスが終了するとのことで、記事の移行を考えていました。(ここのブログに移行しようかとも思ったのですが、結論としてはいかんせん古い情報ばかりだったのでやめました。) ただ過去に書いた記事は懐かしくいろいろ見ていると記…

役に立ちそうにないうんちく:10円玉の鳳凰

役に立ちそうにないうんちくを一つ。 10円玉の表面、平等院鳳凰堂の屋根に乗っている鳳凰について。 昭和26年の10円と27年以降の10円では尻尾の向きが異なる!! どうやら流通が始まった時に、鳳凰のオスの尻尾はもっとこうだ!という物言いがつい…

PHS回線テザリング

IT

Y!mobileのCRESTIA402KCとWebブラウザのOpera布教用動画を作ろうとして失敗したので、文章で残しておこう。 すごく局所的にしか需要がない情報です。 時代の流れに逆らって、いかに低速回線環境で頑張るかという試みです。 ○CRESTIA 402KC / WX12K Willcom(…

スイーツマラソン実験 再び

前回に引き続き、スイーツマラソン実験を行います。 前回は心拍数の測定がおかしいことになっていたので、今度はちゃんと心拍センサーをきっちり固定します。 で、やっぱり気になるのは「走っている途中にスイーツ食べるって本当に大丈夫なの?」というとこ…

スイーツマラソン実験 失敗編

世の中には奇抜な大会があるもので、スイーツマラソンなるものがあるそうです。 マラソン中に"給スイーツ所"なるポイントがあって、食べて走るそうです。 いやー、えーと、、、 なにそれおもしろそう。 ということで、参加を目指してまず練習してみます。 と…

ロボット構想と水中モーター

久しぶりの更新です。 ここのブログはロボット作り中心にしていこうと思います。 たまに書いていたプログラム的な話題はQiitaに書いていこうと思います。まだアカウント作ってないですが。 それはそうと、ロボット作りです。 前回までリモコンづくりをしてい…

ロボット用リモコン作り part.3

part.2はこちら 使う部品と基本回路はできたので、リモコン本体を作っていきます。 今日の部品 ロータリースイッチ・押しボタンスイッチに加え、リモコン本体を作るために部品を集めてきました。 リモコン本体はこれにします。 ・・・。 100円ショップで売っ…

ロボット用リモコン作り part.2

前回の続きです。 ロータリースイッチについて 今回使ったのはこういうロータリースイッチです。6段階ほどカチカチと切り替わります。 このスイッチの裏側を見ると中央付近に端子が2本と周囲に12本の端子があります。 中央付近にある端子と12本のうちど…

ロボット用リモコン作り part.1

昨年度はお試しでお魚ロボット作りなんかをしていたわけですが、今年度はお魚ロボットから進化して、実際に海に持って行って遊べるロボットを作っていきます。 コントローラー作り開始 さて、まずはロボット用のコントローラーを作ります。 コントローラーと…

またまた資料のアップロードしました

前回に続き、また某所で実施したデータマイニング入門編その2の資料を公開してみた。 まだまだ基礎編です。 ここに登場してるデータとかプログラムソースコードとかも公開しなくちゃなぁ。

AVRマイコン導入 part.2

前回、AVRマイコンとライターのセットアップの記事を書いてはや約半年。 その間にパソコンがパーンして全部吹っ飛んだのでやり直します。 実質part.1スタート 準備 マイコンでいろいろ遊ぶにもいろんなソフトやライターがありますが、今回はこれらを使います…

Rで3Dグラフを作る(rglパッケージ)

※IT系はこちらへ移転 R言語で3Dグラフを作ってみる(rglパッケージ) - Qiitaqiita.com このブログでもたまに登場していますが (データ分析でお得な物件を探したい とか) R言語を使ったプロットを進化させてみます。 rglという3Dプロットができるパッケー…

slideshareすごい。

遅ればせながらスライドシェアへ参戦。 アップロードテストも兼ねて、某所で実施したデータマイニング入門講座の資料を公開してみた。 偉そうに"講座"と言ってはいますが、自分も勉強しながらです。 今年はどこぞのIT勉強会のLTででも発表できるように成果出…

エクセルアドインを配布したい

IT

エクセルのVBAでマクロを作ったりなんかするわけですが、人にそのマクロを渡すいい方法がよくわからないので勉強中のメモ書きです。 とりあえず、ちょっと利用者が手間かかるけど配布側が楽なのはこちら。 保存 VBAで書いた後、アドイン形式である”.xlam”で…

WiMAX2にしてみた

IT

引っ越ししてちょっとゴタゴタしてるので更新少なくなってます。 落ち着いたらまたいろいろ計画してます。ロボット作り早くしたい。 このたびWiMAX2を契約してみたので何はともあれ速度の確認をしたので参考においておきます。 今までWiMAXだったんですが、p…

データ分析でお得な物件を探したい part.どうでもいい後日談

数回に渡りがんばっていたデータ分析でお得な物件をさがしたい の後日談です。 結局分析結果を元に引っ越しできそうです。仕事の都合等もあり南の方へいきまーす。 さて実際に物件を探してみて、更にこの分析の精度をよくするにはどうすりゃいいかと考えたメ…

データ分析でお得な物件を探したい part.5

<

データ分析でお得な物件を探したい part.4

<

データ分析でお得な物件を探したい part.3

<< part.2 モデル化のイメージ 地価の分布をモデル化します。 分布の傾向を考えて、数式に当てはめていくことを考えます。 といってもイメージしづらいので例をば。 例えば、図のような分布があったとき 直線で表すことができそうです。y = ax + b という式…

データ分析でお得な物件を探したい part.2

<< part.1 物件の分析の前にもう少し。 データ見直し 前回、地価をそのままプロットして、アチャー(ノ∀`)となったので、少し改良しましょう。 まず、飛び抜けて地価が高いところを調べると、住宅街ではなくて商業地用の土地とかでした。さすがにそれはのけてお…

AVRマイコン導入

書き直しました>> AVRマイコン導入 part.2 ロボットの電子回路づくりに備えてマイコンを買ってきました。 導入記録。 準備 マイコンはお手軽で安いAVRマイコン、ATTiny2313。100円なり。 マイコンへのプログラム書き込みが必要なので、ライターを購入。 デジ…

データ分析でお得な物件を探したい part.1

導入 東京都内に引っ越したいです。突然ですが。 ただ田舎者なため、大都会TOKYOの土地勘も無ければ知り合いも少ないため、データからお得な地域を割り出して参考にしようかと思います。 ~~ここまで強引な導入。 最終的な目標は、 東京都内の「家賃モデル…

お魚ロボット作り 本体組立 失敗編

作る宣言:大人の自由研究 さて、続きものです。 しっぽと駆動部(モーターギアボックス)をつなぐ重要なところです。 単純にくっつけます。上に飛び出してるネジが中心軸となり、左右にグネグネ動く構造です。 お次は本体です。 浮力確保のために発泡スチロ…

お魚ロボット作り 本体組立 準備編

作る宣言:大人の自由研究 週末恒例、ロボット作り。 細々としっぽ部分などなどを作ってきましたが、そろそろ組み合わせてロボットにしたいので足りない部分を作っていきます。 ←最初、こんなのつくりたいと落書きしたのがこんな感じ。 今まで作ったのがモー…

鳥画像分類テスト、補習授業

前回の鳥の分類実験に味をしめたので、画像分類をもう少し本格的に作りこんで何かしら形にしようと思います。 ということで今回は鳥画像分類に付け足し的に機能を追加。 画像の色を調べるときにどの色がどのぐらいあるかってのが可視化できれば嬉しいので、…

自動画像分類してみる

よし、鳥の画像を解析して種類を当てるアプリを目指して画像処理の実験をしてみました。とりあえずのメモです。 がっつり作ったというより、お試しの検証テストなのでさらっとだけまとめます。 鳥画像データの分類実験 データ集め 思いついた鳥の画像を16種…

お魚ロボットづくり FETのテスト

作る宣言:大人の自由研究 今日は電子回路部門です。 FETの基礎実験 後々必要になってくる電子回路部分のテストをしておきます。 構造としてはシンプルでマイコンからの信号を受けてON/OFFを切り替えるだけのものにしたい感じです。 モーターON/OFF、カメラO…

お魚ロボットづくり しっぽ(駆動)部分 製造編付け足し

作る宣言:大人の自由研究 <<設計編 <<製造編 拡張 前回、しっぽ部分がうまく動いて調子づいたので、今回はしっぽ部分を拡張します。 新しく2個付け足します。 前回3個作るのに5時間かかったのが、今回は2個で1.5時間で出来ました。慣れてきたもんだ。 …

お魚ロボットづくり しっぽ(駆動)部分 製造編

作る宣言:大人の自由研究 アルミ加工 よーし、設計図に合わせてまず下書きです。アルミにカッターで線を引いていきます。あとで穴を開ける場所も印をつけておきましょう。 ポンチでもあればいんですが、省略。 今回もサイズが小さめなので、ミリ単位のズレ…

お魚ロボットづくり しっぽ(駆動)部分 設計編

作る宣言:大人の自由研究 さて、今回のロボットのきもであるしっぽ部分を作ります。 制作イメージ 左右に動いて推進力を得る機構。ほんとにちゃんと動くかはやってみてのお楽しみ。嫌な予感はすでにしている。 で、こんな機構をつくってみます。効率よりも…

お魚ロボットづくり 駆動部分つくる

作る宣言:大人の自由研究 駆動機構を考える 早速ものづくりに入ります。 魚っぽいロボットのしっぽを動かす機構を考えます。 駆動はギアボックスを利用。600円なり。 設計 モーターの回転運動を左右の動きに変える必要があるので、こんな機構を作ってみます…

大人の自由研究

序章 幼いころ、テレビで見た科学番組に非常にあこがれを抱いていました。大人が実験装置なんかを本気で作って、検証する!なんてのがすごくかっこよかったです。特に印象に残ってるのが 異蝦Anomalocaris - YouTube これ。古代生物の模型を作ってしまってい…